「家族との別れ」新しい時代へ繋ぐ

 
たくさんのお悔やみの言葉を頂き、ありがとうございました
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
父は昭和2年3月1日生まれ
 
あと、3日で誕生日という時にいってしまい
祝いたかった父のお誕生日には全てが終わっていました。
 
 
その、1ケ月前に体調を崩して
入院し、母からの連絡に主人と見舞い、4日ほど花巻に滞在しました。
もう、大丈夫。順調に回復したので、退院後をどうするのかと
話していた矢先の出来事でした。
 

父の素晴らしい生き方

 
すぐに親族が集まり、父を忍び話すなか
父の過ごしてきた生き方が見え
 
たくさんの人に慕われ
憧れの存在だったことを知りました、
 
また、常に未来を見据えて準備し
やりたいことをやってきて
形にしてきた人生だったことも♡
 
 
時代背景もあり父とは
人生について話をしたことは
ほとんどなく
 
人生観など、話したかったと
思い残しますが
 
父は昭和2年生まれ
大正と昭和の切り替わるときに生まれました。
平成から令和への切り替えの今と
同じながれ
令和になった、今、
すべてをまとめて見せてくれたことに感謝です
 
 
コロナウイルス騒ぎの中でしたが
子供たちも皆、駆け付けてきて日帰りだったりとしましたが
はじめて会う親族とも交流し
とても良い時を過ごすことができました
 

末息子taikiの4度目のアート展

時を同じく、末息子taikiのあアート展がありました。

 
仕事をやめ、30歳の節目のアート展で、とても楽しみにしていましたが
私たち両親は
行くことはできませんでした。
 
私たち両親の知り合いや学校関係者と
たくさんの方が来てくだった時となり、末息子taikiは日帰りで花巻に来て
祖父とも会えアート展もやり遂げることができました。
 
 
 
すべてにおいて整う、感謝に尽きるときとなりました。
本当に、ありがとうございました。
     千葉由紀子

\セミナー・体験会情報はこちら/

公式LINE

マダムユキの公式LINEでは、自分の人生の青写真を知り、思い通りの豊かな人生を送るための情報や心のブロックを外す方法などをお送りしています。

友だち追加

※登録できない場合は
『@gug5670x』で検索してくださいね。
(@マークは忘れずに!!)